50代後頭部のつむじ割れ問題どんな直し方がある?自分でできるおすすめ方法も

スポンサーリンク

こんにちは
ブロッサムです!

 

50代あるある?なのでしょうか。
よくあるお悩みで、後頭部のボリュームが無くなってくると
つむじ割れが目立つ💦という声を聞きます。

3人の髪の違い

私の場合、髪の量はやや多目ですが
生え方のクセもあり、後頭部のつむじ割れがちょっと気になる時が、、
20代位の時からあります💦

 

後頭部のつむじ割れ
どんな直し方があるのでしょうか。

美容師さんに聞いたものや
自分で日頃やっているおすすめ方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

後頭部のつむじ割れの直し方☆美容師さんに聞いたもの

①ポイントパーマ、ボリュームパーマ
後頭部の根元にピンポイントでパーマをかけ
ふんわりと立ち上げる方法。

まずはこの方法がおすすめだそうです。

 

注意点
根元パーマなのでもちが悪く、長くても2ヵ月ほど。

太い髪でごわつく、また細すぎる髪にもあまりおすすめできないとのこと。
短めの髪型なら全体にパーマをかけてボリュームを出し
つむじ割れを目立たなくする、ということも出来ますが
トップ部分にだけ、となると上記のような注意点もあるようです。

 

カラーリングの様子

 

②マジックカーラーでクセをつける
①の方法に自宅でプラスしてもいいですよね。



この方法はたまに私もやっていて
時間があまりない時も軽く根元が立ち上がるので便利です。

 

 

③ヘアループで後頭部のつむじ周りのボリュームアップ
こちらの方法は知らなかったのですが
長さを足すエクステのようなものではなく、
人工毛を一本一本の髪の根元に丁寧に結んでいくというもの。


自然な仕上がりで形状記憶にも優れているので
ブローやスタイリングをしなくても、ふんわりと後頭部のボリュームアップが叶います。

 

つむじ周り、500本から800本程度必要。本数によりますがだいたい2万円程度。
施術の時間がかかることや、自然脱毛による付け足しのメンテナンスが必要。
髪がかなり少なくて、後頭部のポイントパーマでは上手くいかない、
という方にも適していますね。
スポンサーリンク

後頭部のつむじ割れの直し方☆自分でやっているおすすめ方法

トップ部分のポイントパーマに惹かれましたが
敏感肌でのパーマ液はリスクがあるため断念。

 

後頭部のつむじ割れが気になる時には
ドライヤーで直しています。

 

プラズマクラスタードライヤー(シャープのドライヤーは艶髪作りに必須)

①つむじ付近を軽く濡らす
ボリュームアップやスタイリングミストもいいですよね

 

②ドライヤーを後頭部の下から当てる

後頭部の下から(↑の辺りを引き上げるイメージで)

 

③ドライヤーを後頭部の斜めに当て、髪の毛がぶわーんと上に舞い上がるように!

後頭部に斜めに当てる(思い切って髪が舞い上がるように)

シャープのドライヤー、ビューティーモードは温風と冷風が交互に自動調整してくれますが
自分で温風→冷風で調整してもいいですね。

 


 

 

とても綺麗に髪が立ち上がり
つむじ割れが解消できます☆

髪のまとまり

髪の後頭部、後ろ姿って
思いのほか年齢が現れるところでもありますよね。
つむじ割れにお悩みの方、是非参考にしてみて下さい。

 

こちらの記事もおすすめです

シルクの枕カバー髪への効果は☆髪表面に変化はある?
...
50代のヘアアクセサリー大人向けおすすめはこちら
...
50代美しい髪や肌のため10年続けている食べ物3選
...

 

スポンサーリンク
スタイリング
スポンサーリンク
脱パサ髪!50代自分で作るツヤ髪の秘訣
タイトルとURLをコピーしました